松江2!


前回は脱線ばかりでしたが、今回はクラフトについて。

今回HAZUKIはこうゆう店構えで出店してました。

イングリッシュガーデンが綺麗なところといううのもあって、梅雨のシーズンなのにわりと人は多かったように思います☆

僕の商品を気に入ってくださった方も結構いらっしゃったようで、ご購入された後々にメールをくださったり、ハガキをくれた方まで!Σ(0ω0)

もう本当に嬉しい限りです!(T_T)ありがとうございます。

そういったお客様の声を聞かせていただくとよりいっそうがんばろうって気持ちになります。

これからももっともっといいものを作っていけたらいいな、と思います♪

 

今回のクラフトでは他にもおもしろい陶芸作家さんもいっぱいおられまして、少々ご紹介を。
こちらは同じく萩焼を山口県でやっておられます〝craft1103〟さんです!

実はこちらの方ですが、父のお知り合いでお会いしてびっくり。

世間は狭いものですね~って感じですw

同じ萩焼でもやはり人によってまったく違うものとなるもので、非常に丁寧な仕事をしててオシャレな雑貨屋さん風な店構えも好きです。

こちらは〝土焼きふーか〟さん。

もう本っ当に変わった作風だと思いますw(いい意味で)

削って模様を作ってたり変わった色を使ってたり。

なんて言うんでしょう、この気持ち悪い感じがクセになるというか、僕は好きでしたね~(^ω^*)

ぜひぜひ実際にご覧になっていただきたいような作品です。

こちらは〝ろくよう窯〟さんです。

こちらもとっても素敵なもので、渋い、いかにも陶芸!って感じです。

それでいて炭による焼き締めで色合いも茜色や金色っぽくなっていて上品さもあると思います。

 

他にも素敵なお店はいろいろありました。

もちろん陶芸以外にもいっぱいありました。

でも共通して言えるのは手作りのものだからこそ、その作り手の個性が出る、ということ。

性格はもちろんですが、どこで学んだか、どういう経験をしてきたか、いろいろと作品に出ると思います。

僕の作品も多少なりとも個性はあると思います。

でももっともっと技術、経験を積んでさらに素晴らしいものを作れるようになりたいと思いました♪

がんばります!

コメントをお書きください

コメント: 2